HOME>アーカイブ>チャイルドシートは何歳まで?新生児を載せるときに気を付けることとは?

チャイルドシートは新生児から何歳まで?

チャイルドシートは、道路交通法により新生児から6歳未満の子どもを車に載せるときに着用義務があります。

新生児をチャイルドシートに乗せる際に気をつけること。

  • チャイルドシートは商品によって対象年齢が異なるため、必ずチェックすること。
  • チャイルドシートは前向き・後ろ向きかかわらず後部座席に設置すること。
  • 新生児を載せる前には必ずベルトを外して、緩めておくこと。
  • スライド式ドアタイプの車を使用している場合は、載せ方に気をつけること。
  • 片側開きドアタイプの車は、ドアを全開にして載せるようにすること。
  • 新生児をチャイルドシートに載せるときは、お尻からそっと載せること。
  • 背中部分がしっかりと密着しているか確かめること。
  • 車内は暑くなりがちなので、厚着させ過ぎないように心がけること。
  • ベルトをするときは、ねじれていないか必ず確認すること。
  • ベルトはきつくしすぎないように、指1本程度の余裕をつくってあげること。

子供の安全のために

子供

事故を起こった時に車にチャイルドシートを取り付けていれば子供を事故の衝撃から守ることができます。実際のところ、法的に六歳の子供を車に乗せる時は取り付けることが義務化されています。そこで、新生児のうちにチャイルドシートを購入する家庭も増えてきました。というか、新生児を車に乗せるにしてもチャイルドシートの取り付けが必要です。最近では新生児から六歳以上の幼児まで使えるチャイルドシートもあります。対象年齢に合わせたものを選ぶのが大切です。それでも、それなりに値段がかかるので購入の際は商品の詳細などを確認しておきましょう。法的には六歳の義務化とはいえ、六歳でも体が小さい場合はジュニアシートなどを利用しましょう。

どこをチェックする

チャイルドシート

チャイルドシートは大きく分けると新生児からと幼児期から使えるものと分けることができます。新生児でも車に取り付ける必要があるので新生児から使える製品に人気が集まっています。理由としては、子供は成長します。成長のごとにチャイルドシートを買い替えては不経済だからです。

車に取り付ける注意

チャイルドシート

チャイルドシートは新生児の頃から必要です。ただし、きちんと取り付けないとかえって危険なものになってしまいます。チャイルドシートは全ての車に適合するものではありません。購入の際は車に取り付けられるかを確認しておきましょう。

広告募集中